1.3インチスクリーン搭載!「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」レビュー!(PR)

1.3インチスクリーン搭載!「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」レビュー!(PR)

最近のノートパソコンは、デザイン性の追求と薄型・軽量化に伴い、搭載されている端子数が非常に少なくなってきています。

また、何にでも使える「USB-C」の普及により、「USB-Cしかありません!」というようなノートパソコンも珍しくない状況です。

そんなときに便利なのが「USB-C・1本で繋がるマルチハブ」

今回、非常にユニークな「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」のレビューの機会を頂きましたのでご紹介いたします。

事前説明

今回のレビュー記事につきましては、DockCase(ドックケース)さまからサンプル品をご提供頂き、作成したものになります。DockCaseさま、ありがとうございました!

「DockCase」とは?

今回「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」をご提供頂きました「DockCase(ドックケース)」さまは、アメリカのイケてるサードパーティメーカーです。

主に、MacBookユーザーにマッチするようなプロダクトをリリースしています。

感謝

私、Windowsユーザーなのに、商品提供を頂きまして誠にありがとうございました・・・。もちろんWindows機でも問題なく使用できています。


過去に実施したクラウドファンディング(Kickstarter)では・・・、

  • 1日以内に目標達成!
  • 35日間で148,353ドルに到達!
  • 世界中から1,714名の支援者有り!

・・・と、市場から高い評価を受けています。

https://www.dockcase.com/about-us

【概要】DockCase 7-in-1 USB-C HUB

今回ご提供頂いた「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」の最大の特徴は、1.3インチのスクリーンが搭載されているところです。

ちなみに、海外展開では「dockcase visual smart hub(ビジュアル スマート ハブ)」という名前で販売されています。

DockCase 7-in-1 USB-C HUB」という商品名は日本向けですかね?

この1.3インチスクリーンでは、

  • 温度情報
  • PD充電ポートの情報
  • HDMIポートの情報
  • USB-Cポートの情報
  • USB-Aポートの情報

を確認することができます。

Amazon製品ページより抜粋

充電状況やデータ転送状況が確認できるため、より信頼性高くHUBを使うことができるというワケです。

また「7-in-1 USB-C HUB」ということで・・・、

  • USB-C×1
  • USB-A×3
  • HDMI×1
  • SDカード×1
  • micro SDカード ×1

・・・の1台で7役をこなすマルチハブ機能を搭載しています。

このポート類については後ほど詳しくご紹介致します。

【レビュー】DockCase 7-in-1 USB-C HUB

それでは「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」についてご紹介致します。

この DockCase のロゴ、カッコイイよね。

1.同梱物

DockCase 7-in-1 USB-C HUB」には、

  • DockCase 7-in-1 USB-C HUB(本体)
  • USB-C to USB-C ケーブル 1本
  • 製品マニュアル

・・・が入っていました。


USB-C to USB-C ケーブルはフラットタイプで約22cm。

高級感が有り、非常にカッコイイデザイン。

このケーブル、充電は「100W対応」、データ転送は「10Gbps」に対応しています。

「カッコイイので、このケーブルだけ売ってくれないかな?」と思ったのですが、単品でも売っていました。


フラットタイプではありませんが、「40cm」と「100cm」のケーブルも販売中です。

製品マニュアルは日本語対応! 安心!

2.外形寸法

DockCase 7-in-1 USB-C HUB」の外形寸法は、

横12cm×縦3.9cm×厚さ14cm

で、他社製品(AnkerやSatechiなど)に比べると、少し厚さがあります。

底面には滑り止めのゴム付き。

とてもありがたい配慮。

3.重量

重量は本体のみで128g。

そこそこ存在感を感じます。

4.搭載ポート

前述の通り「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」には・・・、

  • USB-C×1
  • USB-A×3
  • HDMI×1
  • SDカード×1
  • micro SDカード ×1

・・・と、7つのポート類があります。


パソコンとの接続端子(ホスト側)がこちら。

ホスト側を上にしたときの右側面には、

  • SDカード×1
  • micro SDカード ×1
  • USB-A ×1

・・・の3つ有り。


反対の左側面には、

  • USB-C×1
  • HDMI×1
  • USB-A×2

・・・の4つで、合計7ポートという構成です。


また、なんと排熱対策として静音ファンも搭載しています。

ファンがあるマルチハブは初めて見ました。

4-1.SDカード / micro SDカード について

SDカード / micro SDカード については「UHS-I」に対応しています。

個人的には「UHS-II」に対応して欲しかったため、ちょっと残念。


スロットはSDとmicro SDで上段と下段に分かれています。

上段がSDカード、

下段がmicro SDカード。

4-2.USB-A ポートについて

3つあるUSB-Aポートにつきましては「USB 3.2 Gen.1」に対応しています。

最大転送速度は5Gbps。

4-3.USB-C ポートについて

1つあるUSB-Cポートにつきましては「USB 3.2 Gen2」に対応しています。

PD(Power Delivery)対応で、最大100Wの充電が可能です。

このUSB-Cポートは充電専用ポートのため、データ転送には対応していません。

4-4.HDMI ポートについて

HDMIポートは「最大4K・60Hz」に対応しています。

ちなみに、下記画像は自宅で使っているディスプレイ(BenQ GW2780T アイケアモニター)に接続したところ。

自動的にメーカー名(BenQ)が表示されるのはすごい!

5.1.3インチスクリーン

前述の通り「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」には1.3インチのスクリーンが搭載されており、色々な情報を確認することができます。

反射して上手く撮影できませんでしたが、このような感じ。

Amazon製品ページより抜粋

どのポートがどのような挙動をしているか、一目瞭然です。


以上が「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」のご紹介でした。

「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」の次機種に期待ポイント

DockCase 7-in-1 USB-C HUB」を2週間ほど使わせて頂いて、「あ、こうだったらいいのにな」というポイントがいくつかありました。

  1. SDカード / micro SDカードについて、是非とも「UHS-II」に対応して欲しい。
  2. USB-Cの「データ転送ポート」を搭載して欲しい。
  3. もう少し軽量化して欲しい。

質感やデザインはパーフェクトだと思います。

是非とも、次機種での改良をお願い致します!

追記

DockCaseさまから「①と②に関しては、新モデルで対応済みです!」とご連絡を頂きました。

これは凄く楽しみですね!

注意点:コントロールパネルの操作について

DockCase 7-in-1 USB-C HUB」の1.3インチスクリーンですが、表示内容を変更することができます。

例えば、表示を縦に切り替えたり、など。

この操作画面については「コントロールパネル」と記載されていました。

で、この操作については「D-Keyボタン」を使うのですが、この「D-Keyボタン」がどこにあるかというと、画像のUSB-A端子の下のところです。

この小さい穴。

これにはsimピンのような細い金具のようなものが必要になりますが、「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」には付属していません。

試しにiPhoneに付属していたsimピンを使ってみましたが・・・、入りませんでした。もっと細いsimピンのようなものが必要になります。

強引に差し込むと傷が付くかもしれません。

ご注意下さい。


コントロールパネルを操作したい場合は、別途ピンを用意しましょう。

「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」まとめ

私は「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」を提供頂きましたが、非常に所有欲を満たしてくれるイケてるマルチハブでした。

冒頭の通り、ノートパソコンの端子類が少なく、拡張性を考えている場合は是非とも「DockCase 7-in-1 USB-C HUB」を試して見て下さい。

では!