【テレワーク】ZOOMなどのWeb会議では iPhone に付属しているイヤホンこと「EarPods(イヤーポッズ)」を使っておけば間違いないよ!

レビュー

今日は、悩めるテレワーク民にオススメの有線イヤホン紹介です。

 

ZOOMなどのWeb会議のときの イヤホン / マイク 問題について

数年前から「iPhoneに付属していた EarPods(イヤーポッズ) のマイク性能って優れているよね!」と思っていましたが、改めてZOOMで使ってみたところEarPods マジですごい!」と実感するようになりました。

 

というのも EarPods は、聴こえてくる音はごくごくフツーなのですが、マイクの精度が良いというか感度が素晴らしいというか、非常にクリアにこちらの声をお届けすることができるのです!

 

EarPods というのは、コレです、コレ。長期間iPhoneユーザーだったら家に新品のまま2~3個は転がっているであろう、例の白いイヤホン。

 

ウチには新品のまま4つありました。プラスチックケースが3.5mmプラグ端子版、紙ケースがLightning端子版。iPhoneで機種変更を続けているのでたくさん持っています。

 

 

テレワーク開始時は、ちょっとカッコをつけたくてワイヤレスのBluetoothイヤホン(ちょい高め)をわざわざ買ったのですが・・・、

 

  • 同じようにワイヤレスイヤホンを使っていた人の音声遅延が気になり、「もしかして自分も同じような遅延を起こしているのでは・・・」と不安になってきた
  • ワイヤレスイヤホンを使っていたらWeb会議の途中にバッテリー切れになってしまい、参加者のみなさんに迷惑を掛けてしまった

 

という経緯から「やっぱりWeb会議時のイヤホンは有線だよね・・・」と痛感した次第です。

 

 

ノートパソコンにも概ね3.5mmプラグ端子(ヘッドフォン出力/ マイク入力端子)がありますもんで、挿すだけでOKです。超お手軽。

 

ちなみに、これは最近購入した「HP ENVY x360 13」というノートパソコン。3.5mmヘッドホン端子、ありますね。

 

ネット上でもEarPods 、マジおすすめ」的なエントリーがたくさん投稿されています。流石のAppleも、まさかこの2020年に3.5mmプラグ端子の EarPods が脚光を浴びるとは思っていなかったよね。

 

ちなみに最近のiPhoneに付属している EarPods はLightning端子になっています。そのままではパソコンに挿せませんので要注意。

 

この画像のような3.5mm端子になっているものを用意しましょう。

 

【補足】イヤホンを長時間使うと耳が痛くなるという人は、Bluetooth マイク・スピーカーフォン「Anker PowerConf」がオススメ!

1日あたり何回もWeb会議を行ったり、そんなWeb会議が連日予定されているとイヤホン使用での耳の痛みが発生しませんか?

 

そんなときは Bluetooth マイク・スピーカーフォン「Anker PowerConf」を使ってみて下さい。耳への負担が軽減されますよ!

 

関連記事:【テレワーク】Zoomなどの Web会議 / テレビ会議 で使える Bluetooth マイク・スピーカーフォン「Anker PowerConf」を購入!

【テレワーク】Zoomなどの Web会議 / テレビ会議 で使える Bluetooth マイク・スピーカーフォン「Anker PowerConf」を購入!
昨日でGWも終了し、今日から仕事ですね。でも新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が5月末まで延長されたこともあり、もうしばらくテレワーク勤務となりそうです。 そんな中、取引先との打合せもWeb会議にさせて頂く機会が多くなったの...

 

Apple EarPods(イヤーポッズ) with 3.5 mm Headphone Plug について

それでは、EarPods についての御紹介を。

 

コレはいつ買ったiPhoneに付属していた EarPods なのか分かりませんが、このプラスチック製のケースは持ち歩きに便利ですよね。

 

見づらいですが、裏側のリンゴマークもかわいい。

 

前述の通り、現行の EarPods はLightning端子になっておりますが、3.5mmプラグタイプの  EarPods は今でも販売しています。

 

Lightning端子ではなく、この3.5mm端子。

 

で、マイクはリモコンの裏。

 

リモコン(マイク)部分は右耳側のケーブルにあります。マイク部分が自然と口に近くなるため、しっかり集音してくれます。

 

ちなみに、 SoundPEATS(サウンドピーツ)のハイレゾ対応有線イヤホン・B90 も持っており、こちらもリモコン部分にマイクがあるのですが・・・、

 

耳に付けたときにマイク部分が遠くて、あんまり声を拾えませんでした。 このマイクまでの距離が EarPods の優位性なのかも。

 

 SoundPEATS・B90 はカナル型でしっかりフィットしてくれて、音はいいんですよ。すごく安いのに、音はいいの・・・! 音楽を聴くという用途であれば圧勝なのに。

 

EarPods は長時間付けているとちょっと耳が痛くなるからね。

 

また、 SoundPEATS・B90 はナイロンケーブルなんですよ。絡まりづらくて、使いやすくって、好き。ともていいイヤホンなんですけど、マイク性能としては・・・。ちょっと残念です。

 

まとめ

「家に余っていたら有効活用できるかもしれないけれど、わざわざ EarPods を買ってまで使わなくてもよくない?」と思うかもしれませんが、

 

  • 買ったとしても安い(2,000円くらい)
  • 入手しやすい(他ヘッドセットは品切れが多い)
  • マイク性能が良い
  • 音声品質も良い
  • シンプルで使いやすい
  • 収納がコンパクト(ケースがあれば)

 

という観点からも、Web会議用途では EarPods は非常にオススメ。ヘタなUSB接続のヘッドセットよりも断然マイク音質が良くて、シンプルだから使いやすいよ。

 

これから新型コロナウイルスが終息してきても、ZOOMなどのWeb会議は多用されるでしょう。そんなとき、スムーズに参加できるよう、有線イヤホンを用意しておきましょう。

 

つーか、EarPods を持っていない人は1個買っとけ!

 

おまけ

前述の「ちょっとカッコをつけたくてワイヤレスのBluetoothイヤホン(ちょい高め)をわざわざ買って使っていたのですが・・・」がコレです。

 

SHURE SE215 Wireless を買いました。

これがねぇ、高かったのに、まったく自分の耳に合わなかった・・・!

 

高かったのに、

どうしてくれるんじゃい・・・!

 

このような高いイヤホンやヘッドホンは店舗で試して買うべきなのかもしれませんが、誰が試したかわらかんものを耳に装着するのはちょっと・・・。特にカナルタイプのイヤホンは無理ですよね。

 

みなさんどうしているのでしょうか。

視聴方法など教えて下さい。

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました