【レビュー】約3,000円レンズ・Neewer 32mm F/1.6 のリベンジマッチ! SONY α6000でフォトウォーク。

カメラ

前回、マニュアルフォーカスレンズを使うのであればファインダーがねぇとピントが合わせづれぇがな!という初心者ならではの学びがあったワケですが、それであれば改めてファインダー搭載機でリベンジしてやろうじゃねーかというのが本日のエントリーです。

 

関連記事:【レビュー】衝撃の価格、約3,000円! Neewer 32mm F/1.6 SONY Eマウント マニュアルフォーカスレンズを試す。

【レビュー】衝撃の価格、約3,000円! Neewer 32mm F/1.6 SONY Eマウント マニュアルフォーカスレンズを試す。
これまでのあらすじ メインカメラはSONYのα6000を使っています。 2015年くらいに買いました。 レンズはα6000を買ったときに付属していたキットレンズ(16-50mm F/3.5-5.6)1本しか持ってい...

 

SONY α6000 に Neewer 32mm F/1.6 マニュアルフォーカスレンズを装着!

この約3,000円(新品!)で購入した「Neewer 32mm F/1.6」は SONY Eマウントタイプのレンズ。私の手持ちのカメラであれば SONY α6000 に装着できます。

 

ちなみに、このα6000ってまだ現行機扱いなんですよね。このα6000シリーズだと、後から発売されたα6300やα6500は生産終了なのにね。α6000の純粋な後継機・α6100と併売されています。

α6000は5万ちょいで購入できるため、初めての一眼カメラ(初心者向け)としては最適ではないかと思ってます。

 

せっかくなので、この SONY α6000 で前回とほぼ同じルートを歩きながら撮影してきました。リベンジマッチ的なフォトウォークです。

 

SONY α6000 + Neewer 32mm F/1.6 、試し撮り(作例有り)

ニゼル
ニゼル

画像は、クリックすると拡大するよ! あと、画像は全てjpg撮って出しで、加工はしておりません!

 

まず、神社の牛様。

 

同じく神社内の狛犬さん。

 

歩道の信号。

 

錆びているシャッター。

 

ちなみに、コチラは前回 SONY NEX-3 で撮影した同じ場所でのシャッター。なんだか淡い。

 

別の神社の手水舎(手を洗うところ)。

 

前回も思いましたが、レトロな感じになるレンズで撮影していて面白いです。まだまだピントが甘くて練習が必要。

初めてのマニュアルフォーカスレンズですが、撮影していて楽しいって大切ですよね。

 

Neewer 32mm F/1.6 で気になったこと

ただ、このレンズ、ピント調整を無限遠(むげんえん)にすると、すっごく滲みます。

無限遠(むげんえん)

無限遠(むげんえん)とは、カメラのレンズなど、光学系において、それ以降、ピント調節が不要となる距離。焦点距離に比例するため、広角レンズは近く、望遠レンズは遠い。無限を意味する記号、∞で表す。

Wikipediaより

 

近所の川を撮影。真ん中に写っているビルはセントラルタワーズ(名古屋駅)やミッドランド、ルーセントタワーなどです。滲む。

 

電柱も滲む。

 

Amazonのレビューを読むと、私と同じように無限遠設定時の風景撮影ができない(使い物にならない)という内容がちらほら書いてありました。

まぁ、これについては「こんな感じのレンズなんだ」と割り切って使おうと思います。だって、そもそも約3,000円のレンズだからね。トイカメラっぽい撮影ができるレンズだと思えば十分でしょう。

 

まだまだ経験とテクニック不足で使いこなせていないところもありまして、これからも試し撮りを繰り返しながらクセを掴んでいきたいと思います!

 

今回、使用したレンズ(Neewer 32mm F/1.6)はコチラです。

 

超オススメの「初心者向けカメラ本」について:カメラはじめます!

SNSなどですごく絶賛されていたカメラ本を買いました。初心者向けの本として、とても完成度が高く、わかりやすく、読みやすく、超オススメの本です。

カメラ本って、専門用語がたくさん並んでいるだけで読む気にならなくなる(挫折する)と思いますが、この本は初心者目線で説明してくれ、その説明の大半がイラストなので、本当に読みやすいです。

是非とも、難しいカメラの設定に挫折した初心者の方に読んで欲しい1冊です!

 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました